体に優しいリンゴ 5つの効能

体に優しいリンゴ 5つの効能
GettyImages

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざを耳にした事はありませんか?この言葉の由来は「An apple a day keeps the doctor away」で、リンゴは体にとても良いというのが西洋社会での一般常識になっています。



リンゴの成分は糖質の果糖とブドウ糖、リンゴ酸、クエン酸、カリウム、ポリフェノール、そして一番の特徴は食物繊維のペクチンです。ペクチンは下痢や便秘に効き、クエン酸、リンゴ酸は疲労回復、二日酔い、消化促進の効果があります。また、カリウムは高血圧などに利くといわれており、まさに自然の恵みの常備薬です。日本の果樹研究所によると、リンゴを食べ続けると体内のヒスタミンが平均4分の1程度少なくなるそうです。お肌のトラブルにも利く優れものです。



おろしたリンゴは下痢に利く



体調が悪く、下痢をしている時には、リンゴを皮ごとすりおろして食べると治りが早くなります。皮の部分に食物繊維のペクチンが多く含まれ、それが腸に働いて腸内細菌を増やし、下痢を起こしている悪玉菌を殺す働きがあります。



便秘を解消する



りんごのペクチンがよく利きます。皮のまますり下ろしたリンゴを寝る前に食べると腸が活発に働き、リンゴに含まれる水分が便通をよくしてくれます。



高血圧予防に 



リンゴにはカリウムが豊富に含まれており、それが体内にある不要なナトリウム(塩分)を排泄し、高血圧予防になります。食事の時にリンゴを一緒に食べると血中の余分なコレステロールが体の外へ運び出され、動脈硬化を予防し、血の巡りが良くなって貧血にも効果があります。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年2月6日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。