中国人留学生の産業スパイ活動 米当局者「共産党政権の使い捨て」

中国人留学生の産業スパイ活動 米当局者「共産党政権の使い捨て」
米情報機関関係者は米メディアに対して、中国当局が留学生を利用して米研究機関や企業の機密情報を窃盗していると批判した(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)

米連邦大陪審は1月24日、昨年米司法省にスパイ容疑で逮捕された中国人元留学生、紀超群(Ji Chaoqun、音訳)氏を起訴した。紀氏は2月1日米連邦裁判所に出廷した。米連邦検察当局によると、紀氏は中国情報機関のために働き、米国内の技術者や研究者を中国情報機関のスパイにするスカウト活動をしていた。



起訴状によると、米連邦捜査局(FBI)は、2015年当時イリノイ工科大学で電気工学を専攻していた紀氏が、中国情報機関の幹部宛てに送った「中間テストに関する問題」と題した電子メールを入手した。電子メールの内容は専攻科目のテストと関係のないものだった。紀氏は同電子メールのなかで、米国に住む台湾や中国出身の技術者ら8人の情報を書き込んだ。8人のうちの7人は国防事業の下請け企業での勤務経験がある。



昨年9月、米捜査当局は紀氏の「上司」にあたる中国情報部員を逮捕した。同部員は、中国国家安全部傘下組織、江蘇省国家安全庁に所属する工作員だ。



2016年大学を卒業した紀氏は、米軍の「MAVNIプログラム」に応募した。米軍はこのプログラムを通じて、軍が必要とする技能を持ち、米の国益に不可欠な外国籍の人材を受け入れている。紀氏は同プログラムの申請手続きや面接の際、過去7年間は外国政府と接触はないと主張していた。



イリノイ州シカゴ市にある連邦地方検察当局によると、紀超群氏は2月1日の公判でスパイ容疑を否定した。



中国当局は、紀氏の逮捕・起訴についてコメントを控えている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年2月6日の中国記事
「中国人留学生の産業スパイ活動 米当局者「共産党政権の使い捨て」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    中国人留学生は見ただけで国籍がわかる。「国家転覆しに来ました」って顔に出てるから。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。