中国語を習得するなら台湾 幅広いキャリアの機会

記事まとめ

  • 「中国語を習得するのに中国は最適な場所ではない」という。
  • 「繁体字中国語」が教えられる台湾が中国語を学ぶのに一番適した場所。
  • 繁体字中国語を学ぶことで、より幅広いキャリアの機会を得ることができる。

中国語を学ぶなら中国以外の国で!

中国語を学ぶなら中国以外の国で!
Getty Images

中国が大国として存在感を増しつつある中、中国語への関心も世界で高まっている。約14億の人口を抱える中国市場に野心を見いだすビジネスマンにとって、中国語学習は必須と言っても過言ではないだろう。ある推計によると、中国語を学ぶアメリカ人学生の数は、2015年の20万人から2018年の40万人に倍増したという。



「(サンフランシスコ)ベイエリアの人々は、第二言語を学ぶことの価値を認識しています」

サンフランシスコ学区の副校長であるデイヴィット・P・ウォン氏は、このように新華社通信に語った。



 言語を上手に学ぶためにはその文化に「没頭」することが必要だ。だが「中国語を習得するのに中国は最適な場所ではない」と言えば、多くの読者は驚くだろう。実は、中国語を学ぶのに一番適した場所は「台湾」だ。



台湾での学習がお勧めである理由



本格派の中国語・繁体字



 もしあなたが中国語に関する何らかの知識を持っていれば、台湾で教えられている中国語と中国政府が支援する機関で教えられている中国語は異なることに気づくだろう。具体的には、中国本土では「簡体字中国語」、台湾では「繁体字中国語」が教えられているのだ。



 2つを比較すると、繁体字中国語の方が明らかに「芸術的」だ。繁体字中国語の文字の方が、言葉の意味をはるかに明確に表すことができるとも言われている。さらに「繁体字」には、「簡体字」には見られない論理性、一貫性がある。たとえば、繁体字中国語の筆順は、簡体字中国語よりも整然としている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年2月10日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。