中国国際航空の元職員、中国軍小包の密輸幇助「共産党の代理人」と罪認める

中国国際航空の元職員、中国軍小包の密輸幇助「共産党の代理人」と罪認める
ニューヨーク東部連邦裁判所で、閉廷後に姿を見せた中国国際航空の元社員リン・イン(白いコートの女性)と弁護士(蔡溶/大紀元)

中国国際航空(エアチャイナ)の元職員林英(リン・イン、女、48)被告は17日、ニューヨーク東部地区連邦地方裁判所で、在職中に中国政府の代理人を務めていた罪を認めた。林被告はニューヨークの空港で、国連駐在の中国軍関係者の荷物を検査をかいくぐって北京へ密輸したことを手伝った。



すでに米国籍を取得した林被告は2002~15年秋まで、ニューヨークのJFケネディ空港で地上業務に従事していた。2015年秋~16年4月まで、ニューアーク・リバティー国際空港でカウンター業務のマネジャーとして勤務していた。在勤中、同被告は秘密裏に中国軍関係者の手荷物を別の乗客の名前で検査したり、駐ニューヨーク中国総領事館の職員から小包を受け取ったりしていた。小包は、北京に密輸された。



米国運輸保安庁(TSA)は、航空機に搭乗していない人の手荷物の預かりを禁じている。米国検察は、林被告は、2010~16年まで数回にわたり、中国軍の任務を代行する「外国人代理人」としての行動を隠ぺいしていたと追及している。



地裁では18日、リン被告は裁判官の問いに対して、中国政府と軍の代理であることを隠ぺいしたとの罪を認めた。林被告は「私は中国高官と私の雇用者であるエアチャイナの指示に従った。このことを米国司法長官に通知しなかった」と述べた。



起訴状によると、中国当局は「報奨」として、林被告に「外交官向けの免税店で電子製品や携帯電話、酒などを購入する権利」「外交官しか享受できない特権」などを与えた。さらに、同被告の米での自宅が無料でリフォームされた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年4月19日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。