在中カナダ人に2例目の死刑判決、ファーウェイCFOは14億豪邸に引っ越し

在中カナダ人に2例目の死刑判決、ファーウェイCFOは14億豪邸に引っ越し
5月8日、バンクーバーの裁判所に出廷するため、自宅をでる中国大手情報機器メーカー・華為科技(ファーウェイ)CFOの孟晩舟氏(Getty Images)

中国広東省の江門市中級人民法院(地裁)は4月30日、覚醒剤を密造したなどとして薬物製造・販売罪に問われたカナダ人の被告に死刑判決を言い渡した。昨年12月、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダのバンクーバーで逮捕された後、中国で死刑判決を言い渡されたカナダ人の被告は2人となった。



2018年末、カナダ当局は米国に協力し、ファーウェイの孟晩舟CFOを、偽装口座で制裁網を迂回してイランと取引したとして、対イラン制裁違反の容疑で逮捕した。



孟氏の逮捕後、カナダ人の元外交官とジャーナリストの2人が拘束された。当局は、数日後にスパイ容疑で拘束していることを明らかにしたが、2人の所在は明らかにされていない。



死刑を言い渡されたもう1人のカナダ人被告は薬物密輸罪に問われ、昨年11月の一審判決で懲役15年を言い渡されたが、わずか2カ月足らず後の今年1月に、差し戻し審で死刑を言い渡された。



相次ぐ死刑判決は中国共産党政権によるカナダへの圧力とみられる。



4億円の自宅から13億円の豪邸へ引っ越し



中国の新華社通信メディアによると、孟晩舟氏と弁護団は8日、バンクーバーの裁判所に出廷した。孟晩舟氏の弁護団は、「逮捕は法的には無効」「政治的な動機によるもの」と主張し、審議の差し止めを求めていくという。



孟氏は、身の安全のために、現在住んでいる4億円の自宅から、13億円の住宅に引っ越しすることを裁判所に要求し、最近認められた。保釈直前に空き巣に入られたことを理由にしている。保釈の条件は、保釈金1千万カナダドルの支払いや、自宅2件は担保にいれること、足首にGPSバンドを装着し、夜間の外出禁止などが科されている。また、海外逃亡を防止するため、パスポートは没収されている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年5月14日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。