米中貿易戦が長期化 経済学者「中国の供給網が崩壊」

米中貿易戦が長期化 経済学者「中国の供給網が崩壊」
米UCLA経済学者の兪偉雄氏(徐綉恵/大紀元)

5月10日に終了した米中閣僚級通商協議が実質上物別れに終わり、米中間の関税引き上げ応酬が始まった。



トランプ米政権は現地時間10日午前0時、2000億ドル(約21兆9196億円)相当の中国製品に対する制裁関税の引き上げを実施した。中国当局は13日、報復措置として、6月1日から約600億ドル(約6兆5759億円)相当の米国製品に課している関税を最大25%に引き上げると発表した。一方、米政府は13日、現在追加関税の対象から外れている3250億ドル(約35兆6193億円)相当の中国製品について、最大25%の関税を課す計画を表明した。



「中国供給網の崩壊」



米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の経済学者、兪偉雄氏は大紀元に対して、米中貿易戦の激化に伴い、「短期的に米国内経済は株価相場の下落や金融市場の不安定がみられるものの、米国と比べて、中国経済がより大きな打撃を受ける」と指摘した。米中貿易の不均衡が最大の原因だという。



2018年、米国の対中輸出は1200億ドル(約13兆1517億円)だったのに対して、中国の対米輸出が5400億ドル(約59兆1828億円)に達した。中国当局が米国製品に追加関税を課しても、米国が受ける影響は限定的だとみられる。しかし、中国当局は、巨額な関税を徴収されるほかに、今まで米中貿易活動によってもたらされた、米企業の技術情報の入手、市場シェアの拡大などの恩恵も失うことになる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年5月14日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。