ドイツ議会人権委、中国人権弾圧の公聴会開催 法輪功迫害は「21世紀で最も恐ろしい人権侵害」

ドイツ議会人権委、中国人権弾圧の公聴会開催 法輪功迫害は「21世紀で最も恐ろしい人権侵害」
ドイツ連邦議会の人道人権支援委員会は5月8日、法輪功の迫害に関する公聴会を開いた(スクリーンショット)

2019年5月8日、ドイツ連邦議会の人権人道支援委員会は、中国で行われている少数民族と宗教団体への迫害に関する公聴会を開いた。20人を超える連邦議会議員が出席し、さらに非政府組織(NGO)の専門家、少数民族グループの代表、学者らが証言した。



中国臓器収奪リサーチセンター(COHRC)のデービッド・リー氏によれば、中国の臓器強制摘出問題は、世界の他の国で見られる、闇市場における臓器取引とは性質が異なるという。



「中国共産党によるオンデマンド(需要に応じた)強制臓器摘出は、政府や移植業界によって国家ぐるみで認められ、軍や地方政府機関により実施されている」「21世紀で最も恐ろしい人権侵害の1つ」と李氏は語った。



COHRCによると、臓器提供制度がほとんどなかった2000年前後から、臓器移植産業が盛んになった。2006年にはカナダ弁護士らによる独立調査で「中国共産党は、法輪功や良心の囚人から臓器を強制的に摘出している」との報告を発表した。その後、国際人権活動家や専門家は、一連の調査を開始した。



李氏は証言の中で、中国の衛生部(厚生労働省に相当)が臓器移植を認可した169の病院では年間7万の移植を実施する能力があると述べた。しかし、ほとんどの病院は実施能力を超えて手術しており、いくつかの病院のベッド利用率は100%を超えた。



報告によれば、中国では移植を認可されていない病院でも手術が行われている可能性もある。COHRCは、中国で実際に行われている臓器移植の件数は、公式に発表されている年間1万~1万5000件よりはるかに多いと結論付けた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年5月22日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。