台湾前行政院長・頼清徳氏、QUEENブライアン・メイさんら中国伝統美の舞台を鑑賞

台湾前行政院長・頼清徳氏、QUEENブライアン・メイさんら中国伝統美の舞台を鑑賞
アカデミー賞で演奏を披露するQUEENのギタリスト、ブライアン・メイさん(Kevin Winter/Getty Images)

中国伝統文化の復興を掲げる神韻芸術団の2019年世界巡回公演は、5月12日のパリ公演をもって全日程を終えた。半年に及ぶ世界ツアーは各地で神韻ブームを巻き起こした。台湾の台南公演では、2020年の台湾総統選に立候補する頼清徳・前行政院長(首相に相当)が舞台を鑑賞した。ロンドンでは、伝説的なロックバンドQUEENのギタリスト、ブライアン・メイさんが妻と共に神韻を楽しんだ。



台湾総統選立候補 頼清徳・前行政院長



4月28日、台南文化中心劇場ホールで開かれた神韻公演を観た頼清徳・前行政院長は、「決して見逃すべきではない舞台だ」と鑑賞後に感想を語った。



2006年から毎年、世界巡回公演を行っている米ニューヨーク拠点の神韻芸術団は、台湾では特に人気が高く、多くの公演を重ねてきた。頼氏は、「神韻が今年も公演をすることを歓迎する。個人的に舞台をとても気に入っている」と述べた。



神韻は、中国古人の振る舞いや生き方の指針となっていた仏道、道家、儒教の伝統的な思想をテーマにした舞台作りをしている。これらの伝統的な価値は、中国大陸では、共産党により壊滅的なダメージを受けており、香港を含め本土では、神韻公演はまだ実現していない。



また、20年間続く気功法・法輪功迫害をテーマにした、『引き裂かれた家族』の演目がある。頼清徳氏は、神韻パフォーマーたちの技能と精神力を称えた。「神韻の完璧な舞台を作り出すアーティストを称賛したい。非常に重要な点は、彼らが法輪功を修煉していることにあるのだろう。だからこそ、高い精神性と技術力を保つことができるものと考える」と述べた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年5月23日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。