米中貿易戦、「民主主義と共産主義の攻防戦」=トランプ政権元顧問インタビュー

米中貿易戦、「民主主義と共産主義の攻防戦」=トランプ政権元顧問インタビュー
大紀元時報英語版はこのほど、トランプ政権元顧問でNGO団体「アメリカ・ファースト・ポリシース」のシニア政策アドバイザーであるカーティス・エリス(Curtis Eills)氏を取材した(スクリーンショット)

大紀元時報英語版はこのほど、トランプ米政権の雇用・貿易政策顧問を務め、現在、非政府組織(NGO)団体「アメリカ・ファースト・ポリシース」のシニア政策アドバイザーとして活躍しているカーティス・エリス(Curtis Eills)氏に、米中貿易戦に関して取材した。



エリス氏は、中国当局が強制技術移転、サイバー攻撃、フェンタニル(合成オピオイド)の輸出などの7つの面で、米国に経済侵略を仕掛けていると批判した。トランプ政権の対中制裁関税は、中国当局によるこの「経済侵略」を阻止するための策であるとの見方を示した。



エリス氏は、主流メディアは中国当局による経済侵略を見過ごしていると指摘した。また、過去の米政権がこれらの問題について中国当局と交渉を行ったにもかかわらず、「中国当局の言い分を信じたが、中国は結局、何一つ実現していない」という。



エリス氏は、中国当局との貿易交渉の見通しについて、「合意に至らない」可能性があるとの見方を示した。主因は、米中両国とその高官らのイデオロギーにおいて、考え方があまりにも違い過ぎるからだ。



中国の一般国民は勤勉で、起業家精神を持っている。「世界各地に住み、現地で商売を行う中国人を見れば分かる。技術窃盗をしなくても、中国人はビジネスで成功する。しかし、中国共産党は違う」



「中国当局が技術窃盗を働くのは、当局の幹部がその中から権力と富を得られるからだ」



エリス氏は、トランプ大統領が過去の大統領とは違い、中国当局が非常に言行不一致であることを心得ているとの見方を示した。「大統領は、米中対立の本質、中国当局がもたらした脅威、米国が直面している困難、この3つの問題をはっきりと認識している。しかし、評論家たちはこの重要なところを見過ごしている」


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年5月31日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。