米中女性司会者の討論 中国官製メディアは宣伝利用

米中女性司会者の討論 中国官製メディアは宣伝利用
CGTN記者の劉欣氏(後ろ姿)は、30日のFOXニュース出演番組を確認している(WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
       

日本時間30日に行われた、米中の女性司会者による生中継の討論会は、互いの主張を丁寧な言葉で放つのみで、形式的な格好で終えた。この討論について、中国官製メディアは、中国司会者・劉欣氏の主張のみを伝え、劉氏が番組中に述べた、自身が共産党員ではないことや、中国側の技術窃盗を認める発言を削除した。



Foxビジネスネットワークの司会者トリッシュ・レーガン(Trish Regan)氏と、中国国営中央テレビの海外英語放送CGTNの女性司会者・劉欣氏は30日、Foxの放送枠で劉氏が招待される形で、米中貿易について15分間の討論を行った。米国では生放送で視聴できたが、中国ではCGTNによる編集後の放送となる。



中国官製メディアは国内で「双方の対話の概要」とするものを発表したが、大部分は劉氏の主張を伝える内容で、レーガン氏の発言は一回だけ取り上げられた。



討論では、レーガン氏は、米司法省や世界貿易機関(WTO)、連邦捜査局などによる中国企業の窃盗被害に関する起訴の事例を掲げ、知的財産や技術の窃盗による米国の被害は数百億ドルに上るとした。この上で、どのように米国企業が中国で仕事を行えるのかどうかを、劉氏に問いかけた。



劉氏は、中国において、米国企業が現地企業と「協力する」ことは当然だとした。また、技術窃盗は一部の企業や個人で、広く一般的に見られる行為であると、中国企業による技術の窃盗を認めた。しかし、CGTNなど中国官製メディアはこのことを報道しなかった。


当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月1日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。