中国大手企業の影の所有者か、江沢民孫・江志成氏の錬金術

中国大手企業の影の所有者か、江沢民孫・江志成氏の錬金術
中国人富豪の郭文貴氏によれば、江沢民の孫・江志成(33)氏の資産は5000億ドルにのぼるという(新紀元より提供、大紀元合成)

中国一の富豪と言えば、電子商取引最大手アリババ集団の馬雲会長や、不動産コングロマリットの大連万達集団(ワンダ・グループ)の王健林会長などと、名を挙げる人は少なくない。近年、中国高官らへの汚職摘発や、海外メディアが報道した租税回避行為に関する機密文書、「パナマ文書」などから、真の中国一の富豪は、江沢民元国家主席の孫、江志成氏の可能性が高い。



1986年生まれの江志成(Alvin Jiang)氏は、江沢民の長男・江綿恒氏の息子。米名門ハーバード大学経済学部を卒業した後、2010年米金融大手のゴールドマン・サックスに入社し、プライベート・エクイティ・ファンド(以下、PEファンド)部門で勤務した。9カ月後に退社し、香港で投資会社、博裕資本有限公司(Boyu Capital)を設立した。ロイター通信は2014年に発表した特集記事で、江志成氏が江沢民の孫をかさに、世界最大のPEファンド市場である中国国内で巨万の富を得たと指摘した。



2019年4月以降、米国に亡命した中国人富豪の郭文貴氏は複数回、江志成氏の保有資産は5000億ドル(約54兆円)にのぼり、江沢民一族は海外で少なくとも1兆ドル(約108兆円)の資産を持つと暴露した。



また、郭氏は中国有名企業の華為技術(ファーウェイ)、アリババ集団、騰訊控股(テンセント)など10社は、事実上「国有軍事企業」で、江沢民一族に支配されていると話した。



江志成氏の錬金術


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年6月11日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュース

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テンセント」のニュース

次に読みたい関連記事「テンセント」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。