台湾人兄弟、日米最新ミサイルやF35戦闘機などの情報盗む 中国スパイ=FBI

台湾人兄弟、日米最新ミサイルやF35戦闘機などの情報盗む 中国スパイ=FBI
台湾兄弟、日米最新ミサイルやF35戦闘機などの情報を盗むスパイ 中国軍から資金=FBI(GettyImages)

カナダと米国の大学にそれぞれ務めていた、台湾出身の技術系教授2人は、長年にわたり、米国の軍事技術を盗む計画を企て、実行していた。米連邦捜査局(FBI)によると、2人が米国から盗み出した技術情報には、日米が所有する最新の空対空ミサイル、F-35戦闘機の詳細も含まれていた。カナダ紙ラ・プレス(La Presse)が報じた。



米国の会社から軍事技術を盗み中国企業に渡したとして、2018年に逮捕された台湾出身の教授の裁判がこのほど、ロサンゼルスの裁判所で開かれた。FBIは、逮捕された教授とその兄弟は、中国軍の最新兵器開発に関わるスパイだと主張した。



2018年1月19日、FBIは米国市民で米カリフォルニア大学の電気工学教授・石怡池(音訳、Yi-Chi Shih、62、台湾出身)と、Kiet Ahn Mai(63、ベトナム出身)を、米国の会社から、輸出許可を必要とする集積回路を違法に中国に輸出した容疑などで逮捕した。



6月7日付ラ・プレスによると、FBIがロサンゼルスの裁判所に提出した、石怡池教授から差し押さえた捜査資料には、日本と米国が所有する最新型空対空ミサイル、カナダを含む複数の北大西洋条約機構(NATO)諸国の次世代航空機、F-35戦闘機の詳細、軍用衛星、海軍戦闘システム、ミサイル防衛システムなど、最も洗練された軍事情報が含まれていたという。



十数年におよぶ、中国軍スパイによる米企業からの技術移転犯罪は、コンピューター不正アクセス、詐欺、電子違法取引、マネーロンダリングなど、あらゆる容疑で米当局に追及されている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年6月13日の中国記事
「台湾人兄弟、日米最新ミサイルやF35戦闘機などの情報盗む 中国スパイ=FBI」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    偽日本人にも気を付けた方がいい。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。