「道徳の欠如」英議員、ファーウェイ副会長を痛烈批判 5G公聴会で

「道徳の欠如」英議員、ファーウェイ副会長を痛烈批判 5G公聴会で
ファーウェイ副社長で世界サイバーセキュリティ担当ジョン・サフォーク氏はこのほど、倫理について、英議員から追及された(GettyImages)

中国通信機器大手・ファーウェイ(華為技術)の副会長ジョン・サフォーク(John Suffolk)氏は、英国議会の公聴会で、英議員に「道徳が欠如している」と非難された。同氏には、人権侵害を行う中国政府と取引するファーウェイの企業倫理について質問が相次いだ。



同氏はまた、中国共産主義体制が人権を抑圧しているかどうかについて、知らないと述べた。



同氏はファーウェイの副会長で、同社のグローバル・サイバー・セキュリティ責任者(GCSO)でもある。6月10日にロンドン議会で開催された科学技術選択委員会の公聴会に出席した。



英議会委員会は、英国政府が将来構築する次世代通信規格5Gに、ファーウェイ機器を許可するかどうかを議論している。参考として、ファーウェイ副社長サフォーク氏がこのほど、公聴会に招かれた。



委員会会長のノーマン・ラム(Norman Lamb)議員(自由民主党)は、4月発表のオーストラリア戦略政策協会による報告について尋ねた。この報告は、ファーウェイが、何百万という新疆ウイグル人やその他の信仰者の監視と抑圧に協力していると概説した。



報告書によると、ファーウェイは新疆自治区の「長期的な社会安定」を名目に、公安によるデジタル監視装置、技術や知識の供給、監視システムを支援している。 



「法外な人権侵害に加担することについて、あなたは懸念していないのか」ラム議員は尋ねた。「そのような判断にはならない。国内では合法で、それがわれわれの基準だ。正誤の判断は政府が行う」と述べた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年6月13日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。