北京武警病院、移植手術した患者「1カ月も待たなかった」=英BBC報道

北京武警病院、移植手術した患者「1カ月も待たなかった」=英BBC報道
北京の病院内部を撮影した映像は、移植手術まで待機期間わずか1カ月未満という移植手術を受けた患者の発言を記録していた。写真は、ドイツで行われた、中国臓器収奪の周知目的のデモンストレーション(GettyImages)

6月17日から18日にかけて、英BBCワールドニュースは、中国の臓器強制摘出問題について報道した。番組では、北京の病院で移植を待つ患者が「数週間で移植手術を受けられる」と答えた。通常ならば数年待たなければならない移植手術が行えるのは、国内収容施設が、需要に応じて臓器を強制摘出する「臓器バンク」になっているためだと専門家は指摘する。



報道には、2018年11月に北京の武装警察総合病院の内部を秘密裏に撮影した映像が含まれている。一人の男性患者は、尿毒症を患っていたが、1カ月も待たずに腎臓移植を受けられたという。費用は35万元(約500万円)だという。質問者が「その金額は高いのか?」と聞くと、患者は「天津より安いだろう」と答えた。天津には中国最大の移植センター、天津市第一中心医院の東方臓器移植センターがある。



別の男性患者は、「私は1カ月待っただけ」で移植手術を受けることができたと答えた。「血液型はA型のほうが(ドナーが)見つかりやすいそうだ」と述べた。



日本で腎臓移植の待機期間は平均で14年8カ月。米国も数年は待たなければならない。中国はわずか4週間で手に入る。生命倫理の上で考えられない短さだ。2006年に臓器強制収奪問題を公にしたカナダのデービッド・マタス人権弁護士は共著で、拘束された数多くの人々が「生きた臓器バンク」として、需要に応じて臓器を摘出されている、と分析している。



中国当局は1984年10月、死刑囚の臓器を移植に使用することを許可した。国際社会の批判を受けて2015年、死刑囚の臓器の利用を停止すると発表した。しかし、中国全土の移植病院の移植件数は推定6万~9万件に維持されており、公式ドナー登録者を大幅に上回る臓器の供給があることから、収容者からの臓器強制摘出は続いていると考えられている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月25日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。