黄金に関する話

黄金に関する話
世界で最も重い金塊 (25kg)

金の歴史



人類は紀元前3千年代から金を使用し始めた。最古の金属貨幣は紀元前7~6世紀にリディアで作られたエレクトロン貨で、天然の金銀合金に動物や人物を刻印している。中国では商の時代(紀元前17世紀~)に装飾品として初めて金が使われ、春秋戦国時代(紀元前770年~)には貨幣や象嵌(ぞうがん)の材料として使用された。日本では749年、百済王・敬福によって奥州(現在の東北地方)で初めて砂金が発見された。



産出量と価格



2018年の金の年間産出量は全世界の合計が3260トン、中国は400トン (12%)で第1位となっている。主要各国の保有量はアメリカが8133.5トンで第1位、日本は765.2トンで第9位。日本に「地上資源」ないし「都市鉱山」として存在する金は約6800トンで、これは全世界の現有埋蔵量の約16%に及ぶ量である。金の価格は現在グラム5千円程度だ。



医療への応用



金を含む材質の鍼が治療用として製造されている。一般的なステンレス製の鍼に比べて高価なため、特殊な症状にのみ使われる。また、金は精神安定作用があるといわれ、漢方の生薬として内服薬にも利用されている。



歯科治療に用いる歯冠としても、金は古くから利用されている。現在は金銀パラジウム合金が医療保険適用となっており、日本の歯科ではこれを使用している。また、金の放射性同位体 Au―198は数種類のガンの抑制治療に用いられる。リウマチ性関節炎に有効な治療薬として、金製剤のミオクリシン、オーラノフィン等もある。なお、静脈の中に金を投与すると肝臓に選択的に分布することから、同位体を用いた診断が行われていたこともあった。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月2日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。