ベーコンは焼く? それとも炒める?

フライパンで焼くベーコンの香りは、おいしい朝食を連想させてくれますよね。挽きたてのコーヒーと一緒なら、最高の一日が始まるでしょう。



でも、ちょっと待って。もしオーブンでベーコンを焼いたらどうでしょうか? この朝食の定番について、調理のコツをお伝えします。



コツ1 : 炒めずに焼く!



ベーコンは焼く? それとも炒める?

Illustration – Shutterstock | Joe Gough

ベーコンの調理法といえば、パッケージを開けて、ベーコンをフライパンに入れて、火を入れるだけ。でも、オーブンを使えば脂っこくない最高のかりかりベーコンが出来上がるのです。



オーブンで調理するメリットの一つに、ベーコンが均一に焼けて、フライパンのように焼きムラが残らないということがあります。



ベーコンは焼く? それとも炒める?

Illustration – Shutterstock | Africa Studio

もう一つのメリットですが、天板に油が飛び散ることも手が汚れることもありません。ベストな焼き方は? 冷めたオーブンで焼くとおいしく仕上がるとのこと。余熱不要なんて、簡単でしょう? 



お望みのかりかりの度合いにもよりますが、204度に熱したオーブンで12~15分焼きます。オーブンに入れっぱなしでよいので、焼けるまでの間にコーヒーをいれたり、好きなことができます。



オーブンを204度にセットしたら、ペーパータオルを天板に一面に敷いておくと、油が吸収されて煙が立たなくなります。時間も手間もかかりませんよね。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月9日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。