対中債務、世界で10倍上昇 半分が「隠れ借金」=報告

対中債務、世界で10倍上昇 半分が「隠れ借金」=報告
2019年4月、北京で開かれた一帯一路フォーラムの看板を組み立てる作業員。ドイツ拠点のシンクタンクの調べによると、対外中国債務は世界で10倍上昇している。石油など現物返済や記録なしの「隠れ債務」もあるという(GettyImages)

世界経済に関する調査によると、中国による海外融資は20年あまりで、世界経済の1%から5%以上にまで急速に拡大した。さらに、途上国向け融資の半分程度は、世界銀行やIMFも把握していない、公式記録のない「隠れ負債」を抱えているという。



ドイツ拠点のシンクタンク・キール研究所(Kiel Institute)は7月13日、中国経済について報告した。このなかで、2000~17年の間に、世界各国の対中債務は5000万ドルから5兆ドルまで膨れあがった。



キール研究所は、1949年から2017年にかけて、対中債務を持つ発展途上国50カ国の約2000件の融資と契約を調べ、報告書をまとめた。その結果、債務が国内総生産(GDP)に占める割合が2015年の1%未満から、2017年は15%以上に急増したことが分かった。



さらに、債務の半分は、国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(世界銀行)、主要債権国会議(パリクラブ)などに記録もされていない「隠れ借金」だと報告書は指摘した。



報告によると、「隠れ借金」はベネズエラ、イラン、ジンバブエなどの国々で特に「深刻」だという。またスリランカ、ウクライナ、エクアドル、バングラデシュおよびキューバなどでも、債務規模を把握できていないとしている。



報告作成者であるハーバード大学の債務専門家カルマン・レインハート(Carmen Reinhart)氏は、「中国は、今はIMFや世界銀行による融資をはるかに上回る世界最大の債権者」と例えた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月18日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。