駐米中国大使、「台湾は中国の一部」と投稿 台湾外相などの猛反発食らう

駐米中国大使、「台湾は中国の一部」と投稿 台湾外相などの猛反発食らう
カリブ海諸国を訪問するため、米ニューヨークに立ち寄った台湾の蔡英文総統は、自由の女神像とのツーショット写真を公開(蔡総統のフェイスブックより)

中国の崔天凱・駐米大使が12日、ツイッターで「台湾は中国の一部だ」と投稿したことに対して、台湾外相をはじめ、中国人ネットユーザー、米投資家らは相次いで批判した。大使は8日、中国当局のネット検閲対象であるツイッターで公式アカウントを開設した。



大使は12日、英語で「台湾は中国の一部である。中国を分裂しようとするいかなる企みも成功しない。火遊びする人は必ず自分もやけどするだろう」と書きこんだ。



台湾の蔡英文・総統とともに、カリブ海諸国を訪問するため、米ニューヨークに立ち寄っていた呉釗燮外相は13日のツイッターで、崔大使の投稿について、「中国国民にツイッターを利用する自由をまず認めよう」と皮肉った。呉外相は、書き込みとともに自由・民主の象徴である自由の女神像とのツーショット写真を掲載した。



蔡総統も13日、フェイスブックで自由の女神像とのツーショット写真を公開した。



また、崔大使の書き込みに対して、米、カナダの専門家や投資家も相次いで返信して批判を展開した。



加紙ナショナル・ポストのコラムニスト、テリー・グラビン(Terry Glavin)氏は、「いいえ、台湾は中国共産党政権の一部ではない。中国側には台湾の主権を主張する権利はない。台湾は自由・民主を有する主権国家だ」とし、中国当局に対して「余計なお世話だ」と反発した。



米著名ヘッジファンドマネージャー、カイル・バス氏は、中国当局は今、ツイッターで直接プロパガンダを行っていると警告した。「ツイッター社は、中国国民が言論の自由を認められるまで、崔天凱大使の使用を禁止にすべきだ」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 蔡英文 日本
  2. 蔡英文 結婚
大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月17日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「蔡英文 + 日本」のおすすめ記事

「蔡英文 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「蔡英文 + 結婚」のおすすめ記事

「蔡英文 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。