中国IT企業への投資、4~6月期で7割以上減少 開発力乏しさが主因

中国IT企業への投資、4~6月期で7割以上減少 開発力乏しさが主因
英資産運用情報会社の調べでは、4~6月期の中国テクノロジー企業へのベンチャーキャピタル規模は前年同期比で77%急減した(JUNG YEON-JE/AFP/Getty Images)

中国IT企業などへの投資として盛んになっているベンチャー・キャピタル(VC)の規模が、今年4~6月期において、前年同期比77%で急減したことに注目が高まっている。背景には、中国企業の技術開発力の乏しさや米中貿易戦の影響があるとみられる。



過去5年間、中国企業へのVCの急拡大で、世界的に人気の動画アプリ「TikTok」の運営会社バイトダンス(ByteDance)や、電子決済システム「アリペイ」の運営会社アント・フィナンシャルなど次世代IT大手が急成長を果たした。2018年、中国企業へのVC規模が1050億ドル(約11兆3673億円)を上回り、米の1106億ドル(約11兆9736億円)にほぼ肩を並べた。



ブルームバーグ10日付によると、英資産運用情報会社、プレキン(Preqin)が公表した最新統計では、4~6月の中国企業へのVCは94億ドル(約1兆176億円)で、昨年同期の413億ドル(約4兆4707億円)と比べて大幅に落ち込んだ。一方、米企業に対しては同15%増の277億ドル(約2兆9988億円)となった。



米CNBC14日付の報道によれば、アナリストや投資家は、中国テクノロジー企業の技術開発力の乏しいことが中国におけるVCの急縮小の主因だと指摘している。投資家は、新たなイノベーションを生み出せない企業に興味を示さないからだという。



また、米中貿易戦も中国のVC規模の急減をもたらしたとの見方がある。ブルームバーグは、今後の米中通商協議の先行き不透明感で、投資家は中国のスタートアップ企業への投資活動を見直しているとの見解を示した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月18日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。