米法輪功学習者、弾圧開始20年で集会・パレード、国会議員ら支持

米法輪功学習者、弾圧開始20年で集会・パレード、国会議員ら支持
米ワシントンでは18日、在米法輪功学習者が20年前に中国当局が始めた弾圧の停止を呼びかける集会とパレード行進を行った(戴兵/大紀元)

米国現地時間18日、米在住の中国伝統気功グループ、法輪功の学習者約2000人がワシントンに集まり、パレードを行った。学習者らは、20年前に中国当局が始めた弾圧政策の停止を訴え、米国民や政府に中国国内での迫害に注目するよう呼びかけた。



パレードは、米議会の西側にある公園から出発し、ペンシルベニア大通り、ホワイトハウスを経由し、ワシントン記念塔まで行進した。



1999年7月20日、江沢民元国家主席は法輪功学習者への弾圧を決定した。過去20年間、中国国内外の法輪功学習者は迫害の停止を求めて、平和的に陳情し、各国政府や国民に迫害の実態を伝えてきた。毎年7月20日になると、世界各地の学習者は集会やパレード行進を行ってきた。



18日、ワシントンでの集会では、米国会議員や人権団体関係者などが出席し発言した。議員らは、法輪功学習者が20年間も迫害を受けてきたことについて「長すぎた」「これ以上、中国当局に罪を犯させてはいけない」と述べた。また、出席者らは、今年に入ってから、中国国内の人権状況に対する国際社会の関心が急速に高まり、「主要メディアと米国民は、中国当局が国際社会にもたらした危害をますます認識するようになった」とした。



共和党所属のスティーブ・シャボット(Steve Chabot)米下院議員は集会で、20年前「中国当局は、法輪功学習者の人数が共産党員より多いという、このただ一つの理由で迫害を始めた」と指摘した。議員は、中国が法輪功学習者に対して残酷な拷問を行っていることを強く非難した。「議員として国会にいる限り、私は、法輪功学習者が中国で修煉できるよう戦っていく」。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月19日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。