海外でDNA収集する中国企業 米議員らが懸念

海外でDNA収集する中国企業 米議員らが懸念
2016年撮影 深センにある遺伝子研究所の様子(VCG/VCG via Getty Images)

米捜査局(FBI)や情報戦略家は、中国共産党政権が、世界から収集した遺伝子情報を生物兵器の製造に悪用しかねないとして、危機感を強めている。



米上院チャーリーズ・グラスレイ(Charles Grassley)議員と同マルコ・ルビオ(Marco Rubio)議員は6月、米国保健省に公開書簡を宛てた。DNAなどの遺伝子データが、米拠点の遺伝子検査企業などを通じて、中国に渡る可能性について懸念を表明した。



中国と関連ある米国DNA検査企業



グラスレイ議員とルビオ議員の書簡には、アイルランドの企業、ゲノム製薬(Genomics Medicine Ireland,GMI)が明記されている。GMIは米国にあるWuXi NextCODE(中国名:明碼生物科技)の子会社で、WuXi NextCODEの親会社は上海にある「薬明康德新藥開發有限公司」(薬明康德)。



アイルランド公営の投資会社から資金を得るGMIは、40万人のアイルランド市民を対象とするデータベース構築のプロジェクトを実施している。



プロジェクトは、製薬会社に対するデータベースの販売を計画している。GMIによると、データはアイルランドで暗号化され、保管されるとしている。



 一方、WuXi NextCODEと深圳華大基因科技有限公司(BGI)は米国市民のDNAデータを収集している。



米中経済安全保障審査委員会(USCC)は2019年2月14日、中国バイオテクノロジーに関する報告を発表した。報告には、中国側が特定の遺伝子に効果を持つ生物兵器の開発の可能性について警告を発した。「中国はゲノムデータや健康記録によって明らかにされた、特定個人の脆弱性を狙う可能性がある。(中略)標的となるのは外交官、政治家、政府高官、軍の指導者など、戦略的に特定された人物だろう」


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月22日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。