世界的に人気なアプリTikTok、中国当局の監視網を拡大

世界的に人気なアプリTikTok、中国当局の監視網を拡大
中国当局の情報収集に協力する中国アプリTikTok、世界的な人気で監視網も拡大(GettyImages)

若者を中心に、世界的に利用者が増えている短編動画アプリTikTok(ティックトック、中国語・抖音)。世界で月間5億人のアクティブユーザーを抱え、日本でも1000万人が利用している。中国の北京字節跳動科技(バイトダンス、Bytedance)が始めたこのアプリは、中国当局のサイバー監視のため、個人情報の収集に協力している。



ブルームバーグによると、北京字節跳動は2018年10月には、企業の評価額が750億ドルとされ、世界で最も価値のある新興企業になった。



TikTokは、撮影された人の姿や風景などを音楽、フィルタで装飾加工して、15~60秒の短編動画をネットで共有するサービス。専門的な技術はいらない「口パク」「手まね」でも容易に娯楽動画を作れる手軽さから、2016年の発表以降、10~20代を中心に急速に人気が高まった。



米カリフォルニア州アナハイムでは毎夏、動画共有大手ユーチューブ(YouTube)が主催する10代、20代のSNSのインフルエンサー(発信力・影響力のあるSNSユーザー)や動画共有愛好者が集まるイベント「VidCon」が開かれる。この7月12日、同イベントは10年もの間、ユーチューブの人気者が注目を集めていたが、今年はTikTokの愛好者がその人気を奪った。



人気の秘密は、コンテンツの特徴のみならず広告収入にもあるようだ。利用者がYouTubeに挙げた動画で得る広告料は、同社の親会社であるグーグル(Google)が設定する。しかし、TikTokは直接企業が広告を打つため、TikTokインフルエンサーは「仲買人」を通さず、遥かに高い広告収入を得られるという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月22日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。