香港条例改正案、43万人が再抗議、「白い服の集団」が市民を襲撃

香港条例改正案、43万人が再抗議、「白い服の集団」が市民を襲撃
香港では7月21日、市民43万人が「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求めて抗議デモを行った(LAUREL CHOR/AFP/Getty Images)

香港では21日、市民らは「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求めて、再び大規模な抗議デモを行った。主催者側の民間人権陣線(民陣)によると、約43万人の市民が参加した。同日夜、香港警察当局は、幹線道路を占拠する若者らに対して、催涙弾やゴム弾などを発射して強制排除した。また、一部の市民が暴力団組員とみられる何者かに襲撃された。少なくとも36人が負傷したと伝えられた。



同日、市民らは、香港島中心部にあるビクトリア公園から出発して、警察本部などが集まる官庁街、湾仔(ワンチャイ)までデモ行進を行った。6月9日から続いている抗議デモと同様に、市民は改正案の完全撤廃、真の普通選挙、林鄭月娥氏の発言「抗議デモに参加した若者は暴徒だ」の取り消しなどを要求した。



その後、一部の市民は警察本部前で抗議活動を続けた。また、他の市民らは香港島西側に位置する中国当局の出先機関「中央駐香港連絡弁公室(中連弁)」の前で再集結し、中国当局が香港の高度な自治や言論の自由を破壊しようとしているとして、強く抗議した。市民は同庁舎に卵やガラス瓶などを投げつけ、スプレーで「改正案反対」とのスローガンを庁舎の壁に吹き付けた。警官隊が中連弁に向かったとの情報を受けて、市民らは中連弁周辺から中環(セントラル)へ撤退した。



警察当局は「速龍小隊」と呼ばれる機動隊を投入し、強制排除に乗り出した。機動隊は、香港島の上環(ションワン)周辺で市民に向けて、催涙弾、ゴム弾、ビーンバッグ弾などを放った。米ラジオ・フリー・アジア(RFA)21日付によると、警官らは市民に対して、地面や足など下の方向ではなく、身体に向けてゴム弾などを発射した。国際ルールでは、警官隊がゴム弾などを使用する場合、抗議者の上半身を狙ってはいけないと定められている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年7月22日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。