西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?

西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?
拡大する(全5枚)
こうこう きちでん / Pixabay

『西遊記』の物語で次のような桃のお話が出てきます。玉皇大帝は孫悟空を蟠桃園に派遣して蟠桃園の番をさせましたが、土地神から蟠桃園の桃を食べると仙人になることができて不老不死になれるということを聞いた孫悟空は、お腹がいっぱいになるまで桃を食べ尽くしてしまいました。



小説の中で、土地神の説明によると、蟠桃園には、三千六百本の桃の木があり、手前の千二百本は、三千年に一度熟し、これを食べた者は仙人になれ、中ほどの千二百本は、六千年に一度熟し、これを食べた者は、長生不老が得られ、奥の千二百本は、九千年に一度熟し、これを食べた者は天地のあらん限り生き永らえるとされます。



西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?の画像はこちら >>

こうこう きちでん / Pixabay

神話の中で出てくる蟠桃ですが、歴史上では中国前漢の第7代皇帝、武帝が西王母から蟠桃を授かったとの記載があります。武帝は桃を食べた後、種を残しましたが、明の時代の時にそれを見た人がいると言います。



武帝は生まれつき才知に優れ、3歳のときには上古からの聖賢の著作や、陰陽五行および国の政策に関する文書など数万字に達する古典を一文字も間違えずに暗記することができました。7歳の時、父親の景帝は、彼があまりにも聡明で透徹していたので、彼の名前を劉徹と変えました。



西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?

flockine / Pixabay

武帝は即位後、治世のほか仙人道術の修煉にも夢中になり、名山大河や五嶽(中国で古来崇拝される五つの名山)をよく訪問し、神霊を祀りました。


この記事の画像

「西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?」の画像1 「西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?」の画像2 「西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?」の画像3 「西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?」の画像4
「西王母が武帝に桃を贈る 伝説の蟠桃は実在したのか?」の画像5

当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク