香港国際空港で5000人座り込み 中国政府は「テロの兆し」で鎮圧正当化か

香港国際空港で5000人座り込み 中国政府は「テロの兆し」で鎮圧正当化か

世界で最も忙しい国際空港の1つである香港国際空港は、8月12日夕方以降のフライトをすべて停止した。武装警察による残虐な鎮圧に抗議するために、約5000人の若者を中心とした香港民主派が、空港内で連日、平和的な座り込みデモを行っていた。



犯罪者の本土引き渡し条例改正案に端を発した抗議デモは、8月11日に週末10週目を迎えた。同日夜、警察が地下鉄駅構内で催涙弾を発射し、近距離で非武装の若者にゴム弾や胡椒スプレーを発射するなど、暴力的な鎮圧が目立った。



米国のミッチ・マコーネル(Mitch McConnell)上院議員(共和党)は、中国中央政府に対して「どんな暴力的な取り締まりも全く許されない」と警告した。マコーネル議員は8月12日にSNSで「北京は香港の自治と自由を侵害しようとしている。香港市民は、中国共産党に勇敢に立ち向かっている」「世界は見ている」と投稿した。



ホワイトハウスは同日の声明で、香港の動向を監視し続けており、週末の衝突の後、暴力を控えるようすべての当事者に促したと述べた。



ロイター通信に応えた米政府高官は「大統領が言ったように、香港市民も中国市民もほとんどの人々が民主主義を求め、望んでいると思う」と述べた。



「ドイツの声」によると、オーストリアの香港駐在外交官は12日、香港国際空港のデモ現場を視察した。デモ参加者たちは外交官に、より多くの国の政府外交官に直接現地を見てもらうよう求めたという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年8月13日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。