幼い息子をプールで亡くした母、その危険性を警告

小さな子どもを持つ親は、特に交通事故や感染症、近年では学校での乱射など、子どもの身の安全について心配するものです。これらは確かに主な危険事項ですが、米国疾病管理センター(CDC)によると5歳未満の子どもの主要死因の一つは溺死で、これは忘れられがちです。



更に衝撃的なのは、溺死した大多数の幼い子どもはプール付近にいたわけではないということです。水上安全専門家のマリオ・ヴィットン(Mario Vittone)は、溺死は30~60秒のわずかな間に起こる可能性があり、水辺でほんの少し子どもを見失うことですら致命的なことになりうると述べています。



夏の間、溺死者の数は急増します。もしプールや湖、海に行く場合は、どうすれば溺れずにすむのか熟知しておく必要があります。



そもそも、なぜ多くの幼い子どもが溺死してしまうのでしょうか?米国の子育て情報サイト『Scary Mommy』でニコル・ヒューズ(Nicole Hughes)さんがシェアしたように、溺死は遊泳中に起こるとは限りません。彼女が3歳の息子レビ(Levi)を亡くした時も遊泳中の事故ではありませんでした。



「水上の安全はしっかり考慮していました。息子の最後の日の写真を見てもライフジャケットを着用しています。しかし、父親と凧揚げ中でも椅子に座ってお菓子を食べていても、ライフジャケットは必要なのです。」



幼い息子をプールで亡くした母、その危険性を警告

Illustration – Unsplash ,Randy Fath

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年8月18日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。