歴代に尊重された人物 孔子

中国の悠久の歴史の中で、各王朝に有名人は少なくないが、その時代が過ぎるとともに多くの人の名が消え去ってゆく。僅かな人だけが、歴史とともに忘れられることなく、今でも人々に尊重され続けている。その一人が孔子である。



孔子(紀元前552年10月9日から紀元前479年3月9日まで)は、春秋時代の中国の思想家、哲学者であり、儒家の始祖でもある。孔子が世を去った翌年、春秋時代の魯の国の哀公(あいこう)が孔子廟に祠堂を建てて祭祀を行った後、漢高祖は儒家の礼法を用いて朝儀(ちょうぎ、朝廷が行う儀式)を定めた。漢の武帝は、董仲舒(とう・ちゅうじょ)の提案を受け入れて諸子百家を排斥し、儒学のみを尊重した。



唐太宗は、孔子に文宣王を追贈(ついぞう)し、清朝の聖祖(せいそ)康熙(こうき)皇帝は、自ら曲阜(きょくふ)にある孔子廟を訪れ、「万世師表」という四文字を書き入れるなど、中国の歴代王朝はみな孔子に追贈または祭祀を行った。漢化があまり進まなかったモンゴル族の元でさえも、元成宗の時に孔子に「大成至聖文宣王」を与えたほどだった。



歴代に尊重された人物 孔子

授業をしている孔子( パブリック・ドメイン)

孔子の儒家思想は時代や民族を超え、中国や韓国、日本を含むアジア諸国や西洋にまで多大な影響を及ぼした。啓蒙時代のフランスの有名な哲学者ヴォルテールは、自身を「孔子の生徒」と称するほどだった。



中国では漢の時代から数千年間、孔子廟に線香が途絶えることはなかった。中国共産党が政権を奪取した後、自らの共産思想の邪説を広めるために、意図的に伝統文化を破壊し、孔子も批判の対象になり、儒家文化は全般に排除された。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年8月20日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら