〈香港デモ〉ツイッター、中国当局の情報操作に関与のアカウント「20万個存在」 一部削除

〈香港デモ〉ツイッター、中国当局の情報操作に関与のアカウント「20万個存在」 一部削除
米ツイッターは19日、香港の抗議デモをめぐり、中国当局が情報操作に関わっているとして900以上のアカウントを削除したと発表(EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images)

米ソーシャルメディア大手のツイッターとフェイスブックは19日、香港の抗議デモをめぐり、中国当局が関与したアカウントを停止したと発表した。両社は、不正アカウントが中国当局とつながっているとの見方を示した。



ツイッターは声明で、936のアカウントを削除したことを明らかにした。そのうちの大半が中国本土のユーザー。中国当局のネット検閲を回避するための仮想プライベートネットワーク(VPN)を経由して、ツイッターにアクセスしていたという。残りは、中国当局に許可されたIPアドレスでアクセスした。



同社は、これらのアカウントが虚偽の情報を流し、「香港市民の抗議活動の合法性や政治的主張を弱体化すると同時に、香港の政治的対立をあおることを目的にしている」とした。



また声明は「われわれは調査を通して、これらが国家の支援を受けた組織的な工作であるという確かな証拠を得た」と示した。



ツイッターは声明の中で、削除対象となった2つのアカウントを公開した。その中の「Dream News」という報道機関を装ったアカウントは、香港の抗議者について「香港に急進的な人はいらない。ここから出ていけ!」と投稿していた。



同社は「これら936のアカウントは非常に多く利用されているアカウントの一部に過ぎない」とし、約20万にのぼる不正カウントが存在するとの見解を示した。



複数の米メディアは同日、ツイッターが中国国営メディアのツイッター上での広告掲載を禁止する方針を固めたと報じた。多くのツイッター利用者は、中国当局がツイッター上で、平和的な抗議活動を行う香港市民を「暴徒の集団」と誹謗中傷していることに不満を強めている。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年8月20日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら