心臓病を引き起こす 6つのワースト食品

心臓疾患による死亡者は、米国だけでも毎年61万人に達しており、南北アメリカでは男女ともに死因のトップとなっています。



性別、民族、家系的な遺伝要因とは異なり、心臓疾患は自助努力で防ぐことが可能です。”運動に加えて、食事の内容や嗜好を変えるだけで、心臓疾患を予防できます。コレステロールと血圧を下げる食事にして、血糖値を適正に保ち、肥満に気をつける”、これらが危険因子を避けるポイントなのです。



健康的な食事を考えるためには、「食べてはいけない食品」の知識が必要です。これからご紹介する食品は、心臓の病気に最も悪影響を与えるものですので、極力口にしない、あるいは永久に決別することをお勧めします。



1.加工肉



心臓病を引き起こす 6つのワースト食品

Processed meat (stockfour/Shutterstock)

長期の研究によると、過度の塩分、硝酸塩、保存剤を含む加工肉は最悪とも言える食品で、食べ過ぎると、心臓病の原因となる高血圧を引き起こします。加工肉は避けるべき食品ですが、どうしても食べなければならないときは、2~3オンス(約57~85グラム)を1週間に食べる上限としましょう。



2.ソーダ類、甘味飲料



心臓病を引き起こす 6つのワースト食品

Soda drinks (FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)

ソーダ、フルーツジュース、スポーツドリンクなどの甘味飲料を飲む米国人がますます増えていますが、アメリカ心臓協会の長期にわたる研究によると、甘味飲料は肥満や2型糖尿病につながり、ひいては心臓疾患を引き起こす原因となります。1週間のメニューからこれらの飲料を1缶除くだけで、心臓病のリスクを回避できます。甘味飲料は飲まないに越したことはありませんが、飲むのであれば、週に8オンス(約237cc)にとどめておくのがよいでしょう。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年8月21日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら