産まれたばかりの赤ん坊は自分の子ではない、DNA検査が母親の直感を証明した

産まれたばかりの赤ん坊は自分の子ではない、DNA検査が母親の直感を証明した
(Illustration - Shutterstock)

これは悪夢か、はたまたSFかホラー映画のような物語だ。母親が元気な赤ちゃんを出産し、看護師はへその緒を切るために母親の元から赤ちゃんを連れて行った。その後、彼女の元に戻ってきた赤ちゃんに母親は異変を感じ取った。それが何なのか言葉で言い表すことはできないが、母親にはその子が自分の子どもではないことがわかっていた。



現実は時に小説よりも奇妙で恐ろしいものである。出産後に赤ちゃんが入れ替わっていると確信したマーシー・カサナラにとっては、まさにそんな出来事だった。



カサナラはエルサルバドルの出身だが、勉強のためアメリカに留学していた。テキサス州ダラスのクライスト・フォー・ザ・ネイションズ学院に入学した彼女は、イギリス、ウェスト・ヨークシャー出身のリチャード・クッシュワースと運命的な出会いを果たした。強く惹かれ合った2人はダラスで結婚し、すぐに第一子を授かった。



しかしカサナラのビザの期限は切れかけており、彼女はグリーンカードをまだ取得していなかった。そのため彼女は、出産のためにエルサルバドルへ帰国しなければならなかった。彼女はエルサルバドルの首都、サン・サルバドルにある国内でも有数の病院で出産の日を迎えた。



あいにく赤ちゃんをすぐに出産する必要があったため、カサナラは緊急帝王切開手術を受けた。産まれたばかりの赤ちゃんは、経過観察のために一晩母親の元から離れなければならなかった。カサナラは、「私は枕元にやってきた赤ちゃんにキスをして、その後彼は新生児室に連れて行かれました。彼を見たのはそれが最後です」と語った。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年8月27日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら