北京の病院、無断で「患っていない感染症」に治験か 6歳児の白血病患者死亡

北京の病院、無断で「患っていない感染症」に治験か 6歳児の白血病患者死亡
博仁病院で治療を受けた当時の裕喆くん。(遺族提供)

¥白血病を患っていた6歳の男の子は、北京の病院で、患っていない疾患に対して未承認の治療法を実施されていたことがわかった。男の子は多臓器不全により5月、死亡した。少年の両親は訴訟の準備を進めている。



少年の母親は治療記録を整理したとき、博仁病院の医師が、中国の臨床治療としては承認されていない、T細胞ベースの免疫治療の試験を男の子に行っていたことを発見した。



2015年、当時2歳の範裕喆くんは急性リンパ性白血病と診断された。上海の病院で治療を受けたが、退院後に再発。医師の紹介で、北京の博仁病院に移り、CAR-T(カーティ)細胞療法と,骨髓移植を受けた。骨髄のドナーは父親。



CAR-T細胞療法は、最新の白血病治療法で、日本では2019年3月に承認されたばかり。この治療は、患者の免疫細胞(T細胞)を採取して、遺伝子改変技術を使って強化・増殖させ、体内に戻す方法。患者の細胞を、がんへの攻撃力を高める治療法。



2018年8月、家族は医師から、裕喆くんはEBウイルスに感染し、EBウイルス関連リンパ増殖性疾患に罹ったと聞かされた。博仁病院で2回、このEBウイルスを除去するため、CAR-T細胞療法の一種であるEBV‐CTL(EBVウイルス特異的細胞傷害性T細胞療法)を行った。



しかし、その後、裕喆くんには皮膚、肝臓、目など広範にわたり免疫拒絶反応が起きた。これは、父親から受けた骨髄と血しょうの免疫細胞が、通常の裕喆くんの細胞を攻撃したと考えられる。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。