香港で数万人デモ、米議会に「香港人権法」早期可決求める

香港市民は8日、香港の高度な自治を守る「香港人権・民主主義法案」の早期成立を求め、米国総領事館までデモ行進した。数万人が参加した。終了間際、警察は催涙弾などを使ってデモ隊の強制排除に乗り出した。市民数人が拘束され、負傷者も出た。香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が4日、「逃亡犯条例」改正案の正式撤回を表明したが、事態が収束する兆しはなく、連続14週目のデモとなった。



6月13日、マルコ・ルビオ米上院議員らの上下両院の超党派議員が同法案を提出した。法案は、米政府に対して香港の高度な自治を検証するよう義務付けるほか、「香港の自治と民主・自由を圧迫する者や責任者に制裁を科す」と定める。米議会で近く審議が再開される可能性がある。



香港市民は8日午後1時半~6時半まで、遮打花園(チャーター・ガーデン)で法案の可決を求める集会を開いた。また、一部の市民は午後2時半から、米国旗を掲げてデモ行進した。警察が米総領事館の近くでバリケードを設置したため、デモ参加者らは総領事館に近づけなかった。総領事館は職員を近くの幹線道路、下亜厘畢道に派遣し、市民からの請願書を受け取った。



香港人女優の葉德嫻氏(71)は、英語で書かれた「どうか『香港人権・民主主義法案』を可決させて」のプラカードを掲げてデモ行進に参加した。大紀元の取材に対して、「米政府が香港(市民)を助けてくれることを望む」と述べた。



香港で数万人デモ、米議会に「香港人権法」早期可決求める

香港人女優の葉德嫻氏は英語で書かれた「どうか『香港人権・民主主義法案』を可決させて」のプラカードを掲げてデモ行進に参加(余鋼/大紀元)

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年9月9日の中国記事
「香港で数万人デモ、米議会に「香港人権法」早期可決求める」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    The great thing is to turn chaos into order.

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら