中国投資と資源搾取、「アフリカの将来を考えていない」市民組織が懸念

中国投資と資源搾取、「アフリカの将来を考えていない」市民組織が懸念
中国投資と資源搾取、「アフリカの将来を考えていない」市民組織が懸念(GettyImages)

アフリカの有志組織は、中国投資家による開発プロジェクトは「地元に利益をもたらさない」と不満を表明している。アフリカ諸国の間には、北京がアフリカ経済のさまざまな部門をコントロールしているのではないかという懸念がますます高まっている。



エチオピアの首都アジスアベバでは、アフリカの多くの主要都市と同様、多くの中国の投資プロジェクトがある。市内には公営・民間含む、いくつもの中国投資の高層ビルや建造物が並ぶ。



55カ国が加盟するアフリカ諸国連合(AU)本部となる、アフリカ連合会議センター(AUCC)は、中国政府が2億ドルを支援してアジスアベバに建設した。周囲にはスラム街が隣接するため、その豪快な資金力が一層、際立つ。2018年には仏紙が「AUCCには中国当局が情報を傍受できるバックドア(抜け穴)が密かに仕掛けられている」と報じた。



AUCCで気候変動と開発会議(CCDA-V111)が行われる事前のイベントとして、有志団体「アフリカ市民社会組織」はアジスアベバに集った。議題は、アフリカにおける中国の投資拡大への懸念に集中した。



イベントは、パン・アフリカ気候正義同盟(PACJA)が主催する。「現地社会に配慮しない中国からの投資は現地にメリットを与えず、資源を略奪している」と多くのメンバーらは中国投資に不満を述べた。



「ここ、アジスアベバでは、多くの(中国投資による)建造物が見られるが、ほとんどは中国人が関わっていた」PACJA代表ミティカム・ウェンダ氏は語った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年9月12日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら