腐敗、毒殺、臓器狩り…中国社会の闇をえぐるハリウッド映画にあの大女優

腐敗、毒殺、臓器狩り…中国社会の闇をえぐるハリウッド映画にあの大女優
ハリウッド映画のワンシーンに中国臓器ビジネス問題が描かれている。主演は大女優メリル・ストリープさん(Netflix)

女優メリル・ストリープ主演のハリウッド映画『ザ・ランドロマット―パナマ文書流出―』は中国の臓器売買ビジネスを取りあげた。



同作は、世界の富豪たちの不正な資金洗浄、脱税、架空企業による資産隠しなど、腐敗した世界の金融界にはびこる闇を描くコメディー映画。試写会が9月9日、カナダのトロントで開かれた。監督はスティーブン・ソダーバーグ氏。原作は書籍『恐ろしき世界(原題:Secrecy World)』



映画には、収監された信仰者や少数民族、政治犯ら「無実の囚人」から臓器を強制的に抜き取り、国内外の臓器移植希望者に提供するという、「中国臓器ビジネス」を取り上げている。ハリウッドで同問題を描写した映画は初。



映画は、巨万の富を得た薄熙来・元中国共産党中央委員会委員と妻・谷開来をモデルとする人物が登場する。



裁判記録や中国国内報道によると、夫婦は、交流のあったイギリス人実業家ニール・ヘイウッド氏を中国で毒殺した。この殺人事件の捜査により、ヘイウッド氏を通じて薄一家が数十億ドルにものぼる不正に蓄財した財産を、海外送金していたことが明らかになった。



原作の書籍『 恐ろしき世界』の著者であるジェイ・バーンスタイン氏は、映画公開前に記者団に次のように語った。「映画にはパナマ文書と関係のある中国で起きた実話を描いている。ほんのワンシーンだが真実を詳細に表現している」とコメントした。



薄と谷、その部下だった王立軍・重慶市公安局長(当時)は、法輪功学習者への迫害に積極的に加担し、彼らを収監し、「強制的な臓器のためのドナー」として刑務所に送った。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年9月12日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら