学校に遅刻した少年、学食で一人ぼっちの写真がSNSに投稿

学校に遅刻して一人ぼっちにされた少年の写真がSNSに投稿されました。それを見たオレゴン州の自治体は、一致団結してあることをしました。その行動は周囲を驚かせ、少年はそのおかげで学校に遅れることがなくなりました。



2015年のある朝、オレゴン州グランツ・パスに住む6歳の男の子ハンター・クメロ君は学校に遅れてしまいました。

当日、クメロ君はお母さんに怯えて言いました。「遅れちゃうよ。お昼時間にお仕置きされちゃう。ママ、急がないと」



学校に遅刻した少年、学食で一人ぼっちの写真がSNSに投稿

Peter Trulock/Fox Photos/Hulton ArchiveGetty Images

母親ニコール・ギャロフさんは言います。「学校には規則が3つあるのです。遅刻すると罰を受けなければなりません」

クメロ君は小学校の1年生で、罰があると思うと怖くなり、ある朝、学校に入ると泣いてしまいました。それを見たニコールさんはランチタイムの姿をチェックすることにしました。なんと恐ろしいことに、息子が一人ぼっちで食堂の椅子に座っていたのです。







 



「息子は食堂に入ってすぐのテーブルにひとりで座らされていました。そして、息子の前にはダンボールでできた衝立が立てかけてあり、他の生徒から目隠しされていました。それだけでなく、息子のカップには、大文字の『D』の文字が書かれ、逆さまに置かれていたのです」とニコールさんは怒りをあらわにしました。

実はクメロ君の遅刻には理由があり、家の車が時々故障し動かなくなりました。またニコールさんには骨粗鬆症の持病があり、朝になると痛みがひどく、歩行も困難でした。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年9月23日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら