【漢詩の楽しみ】山居秋暝(さんきょしゅうめい)

【漢詩の楽しみ】山居秋暝(さんきょしゅうめい)
(ujeans/Pixabay)

空山新雨後



天氣晩來秋



明月松閒照



清泉石上流



竹喧歸浣女



蓮動下漁舟



隨意春芳歇



王孫自可留



 



 空山(くうざん)新雨(しんう)の後、天気晩来(ばんらい)秋なり。明月松間(しょうかん)に照り、清泉(せいせん)石上(せきじょう)に流る。竹喧(さわが)しくして浣女(かんじょ)帰り、蓮動いて漁舟(ぎょしゅう)下る。隨意なり、春芳(しゅんほう)の歇(や)むこと。王孫(おうそん)自(みずか)ら留(とど)まるべし。



 詩に云う。人の気配もない奥山に、さっと降った雨が、いま上がった。そんな澄みきった夕暮れの天気は、ますます秋らしい。松の枝を通して照らす月明り。清らかに湧く泉は、石の上をさらさらと流れる。竹林の向こうに声がするのは、洗い物をする娘たちが帰っていくところ。水面の蓮が動くのは、漁民の小舟が下ってゆくから。そんな山住まいの秋の趣きの前にあっては、比べものにならぬ春の芳しい花など、枯れ散ってしまえ。もっとも、春の花が枯れても帰らなかったという、あの王孫なら、ここに留まるだろうけどね。



 盛唐の詩人、王維(おうい 699~759又は701~761)の作。漢詩をよむ楽しみを虚構的世界の興趣にしぼるなら、王維の詩は、うってつけだろう。彼の詩に描かれたものは、人生の苦しみや悲哀などではなく、ただ思いのままに風流を味わい楽しむ、栄達と教養の二道を極めた人のみが独占する理想世界だからだ。



 話が前後した。王維は、少年の頃から容姿も良く、書画や音楽にもすぐれており、それだけでも十分であるのに、とりわけ詩才が抜きんでていた。この早熟の天才は、もちろん官僚として人も羨むほど出世したが、趣味人としても大いなる成功者であり、自身が所有する別荘の敷地内に思うままの景観を現出してみせた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年9月19日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら