中日友好病院で6歳男児に2週間待ちで肺移植 「中国なら可能」

中日友好病院で6歳男児に2週間待ちで肺移植 「中国なら可能」
中日友好病院の泌尿科主任による、両肺移植手術のドナーについての情報(左)(微博スクリーンショット)

北京にある中日友好病院で2月末、白血病を患う6歳の男児・範裕喆くんは、肺移植手術を受けた。中国国内報道によると、病院は男児の入院からわずか2週間後に、男児に適合する脳死の子どもドナーの「両肺が見つかった」と家族に連絡している。通常、死体からの肺移植には大人の場合でも10年以上の待機時間を必要とする。



人民日報など官製メディアは、この移植手術について「中国で最も幼い児童の両肺移植手術の例」と報道した。手術を担当したのは、無錫市人民医院副院長・陳静裕医師。全国人民代表大会の代表(国会議員相当)でもある。報道によると、北京の人民大会堂で開かれていた会議の期間中だったが、手術のために休憩時間を利用して、病院へ駆けつけたという。



裕喆くんが中日友好病院に入院したのは2019年2月11日。病院は同月27日には両親に対して、「移植できる肺が見つかった」と連絡し、翌日には手術が行われた。手術時間は4時間半。手術は成功したと発表されたが、3カ月後、裕喆くんは多臓器不全で亡くなった。



中日友好病院の泌尿科主任・楊志豪氏は微博で、裕喆くんへの肺のドナーは「12歳、身長141センチ、脳死」だと明かした。



大紀元はこのほど中日友好病院に、「2週間足らずで移植手術を受けることが可能なのか」と問い合わせた。職員は「中国ならば可能」と答えた。



中国共産党政府が2007年制定した臓器移植に関する法律「人体器官移植条例」によれば、「いかなる形式でも臓器売買とそれにかかわることは禁止する」とある。また、中国の医療機関が観光目的で入国した外国人に移植手術を施すことは禁じている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年9月20日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら