「中国のミラクルは終わった」大紀元共催のイベントで米司会者が発言

「中国のミラクルは終わった」大紀元共催のイベントで米司会者が発言
「中国のミラクルは終わった」とWABC司会のバチェラー氏は、大紀元と米ラジオ放送局の共催イベントで語った(Epoch Times)

大紀元時報英字版(Epoch Times)は米ラジオ放送局と、対談イベントを共催した。出演者たちは、米中貿易戦、北京指導部の動き、中国共産党政権の性質などについて語った。出演者の一人は、「中国のミラクルは終わった」と表現した。



北京で建国70周年行事が行われた10月1日、マンハッタンでは、大紀元とラジオ業界誌「トーカーズ・マガジン」はメディア関係者、政策専門家らを交えた対談イベントを開催した。



ラジオ放送WABCの司会者ジョン・バチェラー氏は、貿易戦争で「中国のビジネスモデルの崩壊」を浮き彫りにしたと述べた。同氏によると、米国の対中関税は、米国を含むあらゆる海外メーカーの中国サプライチェーンの脱出を促した。



バチェラー氏によると、メーカーは、中国と同等かそれ以上に安価な労働力が他国にもあり、さらに、共産主義政権による不公平な貿易慣行での損失を被らなくていいと気付いたという。このため、「中国のミラクルは終わった」と表現した。



中国経済成長率の低迷は、中国の李克強首相も認識を示している。李首相は9月16日、訪露先でロシアメディアに対して、当局が掲げるGDP成長率6%以上は、「複雑な国際情勢を背景」に達成困難と語った。中国当局は今年の国内総生産(GDP)成長率目標を「6~6.5%」に設定している。しかし、米中貿易戦の影響で4~6月期のGDP成長率は6.2%にとどまり、30年ぶりの低水準となった。



バチェラー氏と同様の表現を、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長も示している。8月、米CNBCに出演したクドロー委員長は、中国の経済成長率はかなり水増しされているが、それでも低迷は隠しきれておらず、「中国経済は崩壊している」と述べた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。