米司法省、スパイ容疑で中国出身の観光ガイドを起訴 犯行現場の様子も公開

米司法省、スパイ容疑で中国出身の観光ガイドを起訴 犯行現場の様子も公開
米司法省は9月30日の記者会見で、中国情報機関の外国代理人を不法に務めたとして、中国出身米国籍の男性1人を起訴したと発表(Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

米司法省は9月30日の記者会見で、中国国家安全省(MSS)に米の国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で現在米国籍の男を起訴したと発表した。司法省は、男と米の2重スパイが情報取引を行う現場の様子の写った動画を公開した。



起訴状によると、男(56)は観光ガイド業を営む彭学華(Xuehua Peng 音訳、英語名 Edward Peng)で、カリフォルニア州在住。MSS幹部の指示の下で、男はデッド・ドロップ(Dead Drop、スパイ工作で、協力者との間で顔を合わさず情報を受け渡す方法)を通じて、米側のスパイに数千ドルの現金を支払い、米国の国家安全機密を収集し、中国当局に渡した。



司法省は、彭が2015年6月から2018年7月まで、少なくとも6回のデッド・ドロップを、サンフランシスコ市やジョージア州コロンバス市のホテルの部屋で実施したとした。1回目は、金銭も情報の取引もなかった「予行演習」だ。毎回、彭は米の2重スパイが部屋に残した情報の入ったSDカードを受け取った後、速やかに北京に渡ったという。



司法省は、連邦捜査局(FBI)が撮影した彭のデッド・ドロップ現場の様子を公表した。FBIはまた、彭のMSSの連絡員との通話記録も入手した。



起訴状は、MSSの連絡員が彭に対して、SDカードを受け取るための具体的な時間や場所、金額、中国に帰国する期日などの指示を暗号化してから、伝えていたとした。



彭は2001年に商用B-1ビザで米国に入国し、06年元妻との婚姻で永住権を、また、12年9月に米国籍を取得した。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。