香港デモ、世界ゲーム界にも飛び火 中国政府支持の米ブリザードにボイコットの声

米ゲーム会社、ブリザード・エンターテインメント(Blizzard、以下はブリザード)は先週末、同社が主催したオンライン対戦カードゲーム「ハースストーン」世界大会で、香港デモに応援メッセージを送った香港人プレイヤーの大会参加資格を停止した。世界ゲーム界では現在、同社をボイコットする運動が呼び掛けられている。



プロゲーマーが集まる今回の世界選手権大会で、香港人プレイヤーの「聡哥」が韓国人プレイヤーに勝利した後、インタビューを受けた。ゴーグルと防毒マスクを着けた同氏は、カメラに向かって「香港を取り戻そう。時代革命だ」とスローガンを叫んだ。その場にいた台湾出身の司会者2人は、同氏に拍手を送った。



香港デモ、世界ゲーム界にも飛び火 中国政府支持の米ブリザードにボイコットの声

香港人プレイヤーが試合後、「覆面」でインタビューに応じた(スクリーンショット)

これを受けて、ブリザードはインタビューの映像を削除したうえ、大会の規則に違反したとして、香港人プレイヤーの今後1年間の「ハースストーン」大会の出場資格を停止し、今回の大会で獲得した賞金を取り消すと公式ウェブサイトで発表した。また、台湾人司会者2人に対して、契約の解消を決めた。



ブリザード・エンターテイメントの親会社は、ゲーム業界で世界3位のシェアを持つアクティビジョン・ブリザード社(以下はアクティビジョン)だ。中国オンラインサービス最大手の騰訊控股(テンセント)はアクティビジョンの株式4.99%を保有する。アクティビジョンとテンセントは10月1日、共同で新作ゲーム「Call of Duty:Mobile」を世界向けにリリースした。アクティビジョンが同ゲームの創作知的財産権(IP)を持つ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年10月10日の中国記事
「香港デモ、世界ゲーム界にも飛び火 中国政府支持の米ブリザードにボイコットの声」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    まぁ…日本じゃどの道ブリザードとか言われても?って人ばっかだからあんま関係ない話だな。ちょっと批判されたら顔真っ赤にする国に支援求める時点で自業自得だししゃあない

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら