米民主党の大統領弾劾、倒閣運動の一環=元下院議長ギングリッチ氏

米民主党の大統領弾劾、倒閣運動の一環=元下院議長ギングリッチ氏
米民主党の弾劾キャンペーンは倒閣運動のひとつだと、米元下院議長ニュート・ギングリッチ氏はFOXニュースで語った(GettyImages)
       

米国の元下院議長で大学教授ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)氏は、10月10日の保守系メディア・FOXニュースに出演し、トランプ大統領に対する民主党の弾劾は、倒閣運動の一環であると述べた。



ギングリッチ氏は20年あまり共和党の下院議員を務め、クリントン政権時代に下院議長を5年間務めた。同氏によると、このトランプ大統領に向けた倒閣運動は2016年、大統領に当選した日から始まり、現在までに「クーデター(政権転覆)」未遂が何度もあったとした。



ギングリッチ氏によると、これらの反トランプ派の倒閣運動の流れを形成する騒動や申し立ては、いずれも根拠となる「証拠」が乏しいとした。一例として、下院議長ナンシー・ペロシ氏が主張する、ウクライナ疑惑の内部告発者の存在を上げた。



また、倒閣のための「攻撃」が一つ終われば、新たな「事案」を持ち出してくるとした。



倒閣運動は、トランプ氏の大統領選挙の勝利が決まった24時間以内に、すでにスタートした。投票日から2日目の2016年11月9日、左翼組織は6都市でトランプ氏に対する緊急抗議デモを呼びかけた。左翼過激派はシカゴ、ロサンゼルス、サクラメント(カリフォルニア州の州都)、ニューヨーク、サンフランシスコ、アルバカーキ(ニューメキシコ州最大の都市)で集会を開いた。



決起を呼び掛けた「人種差別を止めるための作戦」組織(ANSWER)は次のように発表した。「ドナルド・トランプが大統領に選出された。衝撃的な結果だ。しかし、私たちはトランプの妄想に満ちた極端な右翼の提案を叩き、打ち負かすことができる!」


当時の記事を読む

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。