豪大学生、中国外交官を提訴 「反中の分裂活動」批判で「身の危険を脅かした」

豪大学生、中国外交官を提訴 「反中の分裂活動」批判で「身の危険を脅かした」
オーストラリアのクイーンズランド大学((Nick-D/Frickr)
       

オーストラリアのクイーンズランド大学の学生はこのほど、中国領事館による名指しの批判は、身の安全を脅かすとして、総領事を相手取り、裁判を起こした。



香港デモの支持運動を継続している大学生ドリュー・パブロウ(Drew Pavlou)さんは、在クイーンズランド州中国総領事・徐傑氏を訴えた。治安判事裁判所は徐氏に出頭命令を出し、11月22日にブリスベンの地裁に出廷の予定。



クイーンズランド大学哲学科2年生のパブロウさんは7月、クイーンズランド州で香港民主運動を支持するデモを開催した。これにより、現地の中国政府を支持する学生たちから強い反発を買った。パブロウさんは英紙ガーディアンに対して、2度も暴漢に襲われたと語った。



徐傑氏は、駐オーストラリア中国領事館の公式ホームページで声明を発表し、香港支援活動について「中国を分裂させる活動」「少数の下心ある人が、オーストラリアのクイーンズランド大学で反中活動を展開している」と批判した。



中国官製メディア・環球時報や豪州の親中派メディアは、パブロウさんを名指しして、香港の抗議活動を後援する主要な運動家と説明した。



中国の徐傑総領事の批判を受けて、パブロウさんは、一連の民主運動はクイーンズランド州の「平和と善良な行動法」に基づいて行ったもので、総領事による「分裂主義」との批判は的外れであり、撤回して謝罪するよう要求した。



大紀元英字版はパブロウさんには以前からインターネットで、脅迫や恫喝の文言が届いていると報じた。シドニー・モーニング・ヘラルドの取材に対して、両親は息子パブロウさんの身に危険を感じており、引っ越しも検討しているという。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中国領事館 + 札幌」のおすすめ記事

「中国領事館 + 札幌」のおすすめ記事をもっと見る

「中国領事館 + 大阪」のおすすめ記事

「中国領事館 + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「中国領事館 + 福岡」のおすすめ記事

「中国領事館 + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月24日の中国記事

キーワード一覧

  1. 中国領事館 大阪
  2. 中国領事館 新潟
  3. 中国領事館 札幌

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。