中国の習近平国家主席、「中国式の民主主義」に言及 官製メディアが報道せず

中国の習近平国家主席、「中国式の民主主義」に言及 官製メディアが報道せず
中国の習近平国家主席(中)(Fred Dufour - Pool/Getty Images)

中国の習近平国家主席が11月2日、上海市長寧区を視察した際、初めて「全過程の民主」に言及したことに注目された。



習主席は2日、長寧区虹橋街道の古北市民センターを訪ねた。同区の古北地区には3万人以上の市民が住んでいる。その半分以上は外国人だという。習氏は市民センターに集まっていた中国人と外国人市民に向けて発言を行った。



「われわれは、中国の特色のある社会主義政治発展の路線を歩んでいる。人民の民主とは、ある種の全過程の民主である。すべての重要な立法の決定は手順に従い、民主的な下相談を経て、科学的な決断や民主的な決断を通して決められる」



国営新華社通信は3日、短い評論記事の「新華微評」を掲載し、「全過程の民主」を解釈した。「『全過程の民主』の真諦は、よく話し合うことにある。みんなのことはみんなで相談し合う。十分に相談することによって、全国民の最大の望みと要求が分かるので、問題を有効に解決する方法が見つかる。したがって、人民が一家の主となることができ、国家や社会の各種の事柄を管理する民主的な権利を実現できる」



中国共産党機関紙・人民日報が、習氏の古北市民センター視察の報道を行った際、「全過程の民主」の部分を省いた。新華社通信も、「新華微評」を除けば、同内容に触れなかった。



いっぽう、英BBCなどの海外中国語メディアは習主席の発言に注目した。BBC中国語電子版は4日、中国当局が意図的に「中国式の民主主義」を定義しようとしているとの見方を示した。仏ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語電子版は、「毛沢東が過去、米国式民主主義を実施したいと述べたが、中国当局は1日も民主主義制度を実行したことはない」「当局は言論の自由さえ許さないのに、どうやって民主主義を実現するのか」などと批判した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年11月5日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。