「レイプ被害者はもっと多い」韓国メディア、匿名の香港警官を取材

「レイプ被害者はもっと多い」韓国メディア、匿名の香港警官を取材
陳彥霖さんが生前通っていた香港デザイン学院には、彼女の追悼紀念台が設けられている(駱亞/大紀元)

香港の警官はこのほど、匿名を条件に韓国メディアの取材に応じた。報道によると、半年におよぶ民衆派の抗議運動のなかで、少なくとも医療関係者が確認した警官によるレイプ事件が2度起きたが、実際の被害者は「もっと多い」と明かした。



韓国KBSによると、この警官は、逃亡犯条例改正案反対デモに複数回参加していた香港デザイン学院の生徒、陳彦霖さん(15)の死についても語った。当初、陳さんの死は他殺として捜査していたが、警察内部の決定で、自殺として処理されたという。



陳さんは9月中旬、4日間失踪した後、南部の油塘デビルズピークの沿岸で水死体となって発見された。陳さんは直前まで明るく元気であり、水死体が全裸だったことなどから、メディアは他殺の疑いがあると伝えている。



この警官によると、7月21日の地下鉄元朗駅で起きた、白服の暴徒が無差別に抗議者を襲撃した事件で、警察上層部は警官に出動しないようにと命じた。



KBSは陳さんの友人を取材した。この友人によると、陳さんの死亡について香港親中派メディアTVBに応じていた「母親」は、声色や身体的な特徴から、別人だと指摘した。本物の母親は、声は娘に似ていて、何年もボブのヘアスタイルを維持していたという。しかし、TVBの取材に応じた「母親」は、長い髪を束ねており、声がかすれている。



陳さんの母親は、娘の死亡以降、行方が分からなくなっていた。11月11日、香港警察は天水圍天恒村で「飛び降り自殺した男性」について写真付きで報じた。ネットユーザーたちは、顔の特徴から陳さんの母親ではないかと推測した。その上、飛び降り自殺であるにもかかわらず、遺体のそばに血液の広がりはなく、皮膚は蒼白で、すでに死亡から数日経過した遺体に見えるとの指摘がある。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年11月13日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。