南太平洋に新しい国誕生の可能性 中国、すでに14.7億米ドル投資を約束

南太平洋に新しい国誕生の可能性 中国、すでに14.7億米ドル投資を約束
11月6日、ブーガンビルでパプアニューギニアからの独立支持派が、政府と和解のための式典を行っている(ELIZABETH VUVU/AFP via Getty Images)

国際的な影響力を高めるために、中国は、南太平洋諸国の支配権を買い取っている。このほど、豪メディアに応えた元海軍太平洋艦隊の司令官は警告した。



南太平洋の島国であるソロモン諸島、バヌアツ、キリバスは2019年、台湾との外交を断絶した。豪メディア・ナインニュースは調査報道番組「60分(60 Minutes)」のなかで、中国政府はソロモン諸島の議員たちに2万豪ドル(約150万円)の賄賂を振舞って、台湾との関係を断つよう要求していたと伝えた。



米海軍の太平洋艦隊司令官を務めたジム・ファネル氏は、南太平洋に対する中国の計画は「緩やかな侵略」であり「拡大主義」によるものだと述べた。



ファネル氏によると、南太平洋地域は、米国同盟国であるオーストラリアとニュージーランドの間のチョークポイントにあるため、中国が注力しているとした。



ファネル氏は中国側の嘘を指摘する。「中国は以前、軍事施設は太平洋地域に作らないといったが、実際には作った。世界の他の地域でも、艦隊を決して配備しないといった場所にも配備した」さらに、中国は公式に世界覇権を狙わないと明言しているものの、実際は「世界秩序のリーダーになることを狙っている」と述べた。



ファネル氏は、中国は、南太平洋の島国と「経済的パートナー」であると説明しているが、実際には同地の経済を牛耳る権力者になろうとしているとみる。各国では、港湾、空港へのアクセス権を増加させており、大量の資金を使って現地政府を買収している。具体的にソロモン諸島の場合、戦略港となるツラギ港、鉱物の豊富なゴールドリッジ鉱山、その他ガダルカナル島の地政学的な要所となる地域だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

大紀元時報の記事をもっと見る 2019年11月19日の中国記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。