「法輪功弾圧モデルが原案」米人権組織、新疆迫害を分析



共産党は、有神論者たちの思想を断念させることを「転向」と表現する。クック氏は、法輪功の迫害に直接関与した中国共産党高官は2001年、「法輪功転向センター」を視察し、迫害に参加した人々を奨励したり、報奨を与えたりしたという。



法輪功は90年代に中国で広く流行した気功。心身向上の効果が高いとして口伝えに広まった。官製紙は1998年、政府体育局の統計で7000万人が学んでいると伝えた。



「転向」「洗脳」「訓練」および「強制連行」は、中国が強制的に法輪功修煉を停止させるために使用する手段だ。法輪功迫害情報を伝える明慧ネットによると、多数の学習者は強制労働所や収監施設で拷問を受け、少なくとも4000人以上が死亡した。また、社会的な名誉が傷つけられ、結婚を禁止され、仕事を解雇され、子どもが就学できなくなったりするなどのハラスメントが続いた。保釈後も家族への影響を懸念して、学習者は転居を繰り返す生活を強いられている。



(翻訳編集・佐渡道世)

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ウイグル族 + 中国」のおすすめ記事

「ウイグル族 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウイグル族」のニュース

次に読みたい関連記事「ウイグル族」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日の中国記事

キーワード一覧

  1. ウイグル族 中国

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。