「親中」から「反中」に カナダの女性研究者「今の中国と友好的になれない」

「親中」から「反中」に カナダの女性研究者「今の中国と友好的になれない」
カナダのアルバータ大学中国研究所のマーガレット・ジョンストン(Margaret McCuaig-Johnston)上級研究員(任僑生/大紀元)

カナダのアルバータ大学中国研究所のマーガレット・ジョンストン(Margaret McCuaig-Johnston)上級研究員は、かつて中国当局に「中国の友人」と呼ばれていた親中派だったが、今は中国に最も批判的な専門家になった。



1979年に初めて訪中した同教授は40年来、カナダと中国の架け橋として、中国の発展に尽力した。「中国政府とも、中国人とも厚い友情を築いた」



同氏はその後、中国問題を扱う国際関係の修士号を取得した。



しかし、40年が経った今、同氏は中国が「全く理解できなくなった」という。今の中国は、南シナ海での勢力拡張や一帯一路の推進など野心に満ちている。中国通信機器大手ファーウェイの最高財務責任者・孟晩舟氏が昨年12月にカナダで逮捕され、その報復措置として、中国当局は二人のカナダ人を逮捕した。同氏はこの逮捕から、中国政府の恐ろしさに気づいた。



「中国は、カナダだけでなく他の国でも人質外交を展開している」と同氏は米ラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に答えた。



二人のカナダ人が逮捕されたとき、同氏は上海にいたが、二日後に彼女のホテルの部屋に何者かが侵入し、施錠した荷物を調べていた。これは中国当局の犯行と考えたほうが合理的だと同氏は話す。現地の知り合いから、中国当局が逮捕の対象になりうるカナダ人100人をリストアップしたと伝えられた。



マーガレット氏は、中国は自国民にも抑圧の手を緩めてないと語った。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。