中国貴州省の「国家級の貧困県」、借金で「ミニ紫禁城」を建設

       


中国貴州省の「国家級の貧困県」、借金で「ミニ紫禁城」を建設

独山県の「第一水司楼」(大紀元資料室)

「中国新聞週刊」の報道によると、2018年以降、「(資金不足で)建築会社の作業員への給料が支払えなくなり、内装は未完成のままで工事を中断している」という。にもかかわらず、県政府は今年、「世界で最も高いシュイ族の建物」としてギネス認定を申請した。



両プロジェクトを推し進めた県トップの潘志立・県党委員会前書記は今年3月、「重大な規律違反」の疑いで当局の取り調べを受けた。10月に収賄罪と職権乱用の罪で起訴された。同氏は将来の出世のために、「政績を挙げ、メンツのために、無理にプロジェクトを進めた」という。失脚した当時、同県の債務規模はすでに400億元(約6248億円)以上にのぼっていた。



中国メディアは、甘粛省楡中県や陝西省韓城市などの貧しい地域の当局も同様に、莫大な借り入れをして観光地の開発を行っていたと報じた。



コメンテーターの梁治氏は、中国共産党政権の体制の下で「政績プロジェクト」や「メンツ・プロジェクト」は、地方幹部を評価する基準の一つだと指摘した。この暗黙のルールでは、貧困地域の地方政府は今後も、住民の生活改善より、立派な建物の建設に熱心なようだ。



(翻訳編集・張哲)

あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月17日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。