中国新型肺炎、武漢市医師「内部で当初からSARSの指摘あった」

中国新型肺炎、武漢市医師「内部で当初からSARSの指摘あった」
中国湖北省武漢市の金銀潭医院(STR/AFP via Getty Images)

中国では新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が急激に増えている。1月21日時点で、440人の感染が確認され、9人が死亡したと発表された。感染者が多く出た湖北省武漢市の医師は大紀元に対して、昨年11月と12月には「感染がまん延している状況がはっきりしていた」と話した。



市のコミュニティ衛生サービスセンターで住民に診療を行う魏医師は、「最近は毎日、風邪のような症状の市民が多く診察に来る。午前中だけで、十数人の発熱者が来る」と語った。コニュニティ衛生サービスセンターでは、発熱している市民に対して、体温を測り、血液検査を行っているが、他の精密検査はできないという。さらに深刻な症状が出ている場合、センターは総合病院などより規模の大きい病院に紹介しているという。



同氏によると、昨年11月と12月には新型コロナウイルスによる肺炎の感染は広がっていた。「われわれのセンターでは、1カ月半前から発熱で診察に来る人が多くなっていた。昨年の11月と12月には深刻化していた。その時は、まだインフルエンザだと言われていたので、小学校は休校などの措置を取っていた」



しかし、魏氏によると、その時から医師の間でSARS(重症急性呼吸器症候群)の可能性があるとの見方が広がっていた。「でも医師や医療従事者の家族や友人の間でしか、注意を促すことができなかった」。魏さんは、当初から中国当局が情報統制を敷いており、医師らがその実情を公表したら、拘束される恐れがあったことを示唆した。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。