米司法省、中国政府代理人で中国軍中尉らを起訴 すでに出国

米司法省、中国政府代理人で中国軍中尉らを起訴 すでに出国
米司法省はこのほど、中国政府代理人で中国軍中尉を起訴したと発表した。写真は中尉が務めていたボストン大学(Flickr)

米国司法省は1月28日、中国軍中尉・葉燕青(音訳Ye Yanqing、29)を、中国政府の代理人であることを申告していないとして、刑事起訴した。葉はすでに米国から中国に戻った。同省は同時に、ハーバード大学の教授と中国籍の2人の起訴を発表した。省代理人によると、これらの起訴は、中国共産党政権による米国の知的財産窃盗の活動の一環だという。



司法省の発表によると、葉は学生ビザ(J-1)で2017年10月~2019年4月までボストン大学に留学していた。このほど、同大学の物理研究所に務めるとして、学生ビザの延長を申請した。米審査官が背景を調査したところ、葉が中国軍に兵役し、かつ中国政府のために活動する「外国政府代理人」であることがわかった。



起訴状は、葉が「中国政府の代理人として行動していたが、これを司法長官に通知していなかった」と指摘した。また、軍位を隠して学生ビザを申請していたため、虚偽に基づくビザ申請として追訴している。



司法省の起訴状によると、葉には、2人の協力者がいる。名前は公開されていないが、どちらも、中国軍に直属する国防技術大学の仕事をしている。そのうちの1人は「ロケット発射装置に関する軍事研究プロジェクト」に参加し、もう1人は同大学の教授だという。



葉ら3人の上司は中国軍大佐で、国防技術大学の教授だという。上司は、米軍サイトの調査や米軍の研究文書を中国へ送付、葉のアカウントを利用して中国からボストン大学のネットワークにアクセスすること、海軍大学の教授の調査等々を指示していた。


あわせて読みたい

大紀元時報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。